勧誘系の訪問にはご注意ください。

1人暮らしの方を狙った訪問勧誘の対応にはご注意ください。

523889.png

●見知らぬ人が来てもむやみに玄関を開けない
誰かが来たらまずはドア越しで対応しましょう。開けるにしてもチェーンを掛けてから開けるようにしてください。要件を聞き、断るときは冷静にはっきりと断りましょう。


●個人情報は教えない
正体を装って名前・電話その他個人の情報を聞き出してくる場合もありますが、個人情報は絶対に教えないで下さい。


●物は受け取らない
何か景品など不必要に物を受け取ったりしないように注意が必要です。

何度断ってもしつこく勧誘が来る場合は、自治体や警察へ連絡することも必要になりますのでご相談ください。


粗大ゴミの出し方を知っていますか?

kagu_boroboro.png
部屋の模様替えをしようと思った時、不要になった棚、ベッド、テーブル、ソファ・・・これら粗大ゴミをどうやって捨てるかご存知でしょうか。

【粗大ゴミとは?】
1番長い部分の長さがおおむね30cmを超えるもので、100kg以下のものです。

【粗大ゴミの捨てる手順】
①まずは、粗大ゴミ受付センターに電話をするかネットで予約をします。
※収集指定日の2日~1か月前に予約する必要があります。

②粗大ゴミ受付センターから「手数料」がいくらになるか言われます。
その手数料分の「シール」をコンビニで購入してください。

③ 収集指定日に、そのシールを貼った粗大ごみを自宅の前に出します。
※早朝~朝8:30までには出しておいてください。

ご近所の迷惑にならないよう、ルールに従って処理するようにしましょう!


女性の一人暮らしを想像させないコツ

やはり女性の一人暮らしを狙った犯罪は多いものです。女性が一人で住んでいることを外から簡単に想像させないような工夫をする必要があります。


▼注意すべき点をいくつかご紹介しますのでぜひ気を付けてみてください。

1. 洗濯物を干したままにしない

2. 可愛いカーテンにしない

3. 窓辺にぬいぐるみなどの小物を飾らない

4. 外に女性らしい傘などを置かない

5. 表札は苗字のみか記載がなくていい


鍵をかけ忘れないなどの基本的な防犯対策は当たり前として、それ以外にできることがないか、みなさんも再度考えてみてくださいね。


gf1420116526.jpg

女性の防犯対策について

若い女性の一人暮らしをねらう犯罪に巻き込まれないためにも、日頃から気をつけてほしいポイントがあります。自分の身を守るためと思って一度チェックをしてみてください。

100422.jpg

①出かける時は鍵をかける。
(ゴミ出しなど短い時間でも必ずかけましょう。)


②鍵を開けて入る前に、不審者がいないか周りを見る。
(不審者がいた場合は近所の家やコンビニへ助けを求めましょう。)


③窓も必ず閉める。
(夏の暑い日でも開けたまま寝たりしないようにしましょう。)


④カーテンを閉める。
(帰りが遅くなる時などはカーテンを閉めて出かけましょう。)


⑤カーテンの柄にも注意する。
(いかにも女性らしいカーテンの色や柄はやめましょう。)


⑥ドアスコープを見る。
(鍵を開ける前に必ず相手の姿を確認しましょう。)


⑦すぐにチェーンを開けない。
(配達であってもすぐに開けずに荷物の差出人などを確認しましょう。)


⑧表札に名前を出さない。
(名字のみか、わざと男性の名前を出しましょう。)


⑨ゴミは朝の収集直前に出す。
(個人名や電話番号が分からないようにシュレッダーをかけましょう。)


⑩郵便物をためない。
(ポストにも鍵をつけ小まめに取りましょう。)

お引っ越し(退居)するときは

hikkoshi.gif1:お引っ越し(退居)する日から一ヶ月以上前にご連絡をお願いします。
(ご連絡が遅くなるとその分家賃がかかってしまいますので気を付けてください)

 

2:電気・ガス・水道・電話・インターネットの解約や転居届をして下さい。
(特に3月頃は各問合せ窓口も混み合うのでお早めに)

 

3:郵便局へ郵便物の転送を依頼してください。
(依頼すると大事な書類がちゃんと移転先に転送で届くようになります)

 

 4:ゴミや不要な物の処理は仙台市の規定どおりにお願いします。
(ゴミの分別・粗大ごみの処理はこちらを参考にしてください)

 

5:部屋全体をチェックし忘れ物がないように気を付けてください。
(設備ではない棚やガス台、キッチン台の中身など置いていかないように)

 

お部屋のお掃除は次の方の入居前にクリーニングしますので、ある程度で構いません。いろんな思い出のあるお部屋ですから、最後まで大事にしてあげてください☆

一人暮らしの地震対策

東日本大震災から5年半以上経ちましたが、今一度日頃の準備や心構えついて確認が必要な時期だと思います!いくつか備えに関してアドバイスさせて頂きたいと思います。


■お部屋の地震対策

1番大事なのは「転倒防止」です!大きな家具も考えられないくらい動いたり倒れたりします。命にかかわることですから、できる限りの対策をお願いします。

・冷蔵庫や棚が倒れないよう天井との間につっぱり棒をつける。

・食器棚の扉が開かないようにストッパーをつける。など

 

tansu.jpg

■避難グッズ

今回のことで、なにが必要だったかリストを書いてみてください。避難袋にまとめて、運び出しやすい場所に常に置いておきましょう。

・懐中電灯、充電器、軍手など最低限必要になるものを入れておく。

・部屋の中でガラスの破片による怪我も多いのでスリッパも準備する。

・水やトイレットペーパーなども多少買い置きしておく。など

kaichu.jpg

■その他事前の準備

停電により情報もなく、携帯電話も使えなくなる可能性があります。そうなった場合にどのように行動するかイメトレも大切です。

・その地域の避難所がどこなのかを確認しておく。

・伝言サービスの利用など、家族や友人との連絡手段を携帯電話以外に決めておく。

 

■地震がきてしまったら

①まずは身の安全!家具が倒れてこない場所で揺れがおさまるのを待ちます。慌てて外に飛び出すと余計に怪我をする恐れがあります。

②脱出口の確保!少し揺れがおさまってきたら、玄関や窓を出れるくらい開けましょう。ゆがんでドアや窓が開かなくなる場合があります。

③火の始末!タバコや台所の火はもちろん、ストーブやドライヤー、ヘアコテなどのコンセントも抜きましょう。さらに、停電になった場合の事を考え、ブレーカーも下げておきましょう。

konro.jpg

地震はもう来ないだろうとは決して思わないでください。いつ来るかは分かりません、何十年後かもしれません。ただ、またこの間のような地震が、明日くる可能性もあるからです。

排水管が詰まらないようにしましょう。

排水管が詰まると、ご自身はもちろん周りにも迷惑をかける場合があります。キッチンや洗面台、お風呂の配管が詰まないよう、日ごろから気をつけましょう。


201607.jpg


【気を付けること】
・キッチンのシンクには、食事の残りカスやゴミは三角コーナーにネットをしたものなど、捨てる場所を確保しましょう。
・揚げ物をした後など、食用油は排水に流さず、固めてゴミとして捨てましょう。
・何かを流してしまった時は、シンク下の排水トラップを掃除してみましょう。
・髪の毛等が排水口にたまらないようにしましょう。
・定期的にパイプクリーナーで洗浄しましょう。

夏の湿気による【カビ・ダニ】対策!!

 

 

100720.jpg快適に過ごすためはもちろん、カビなどによって修繕しなくてはならなくなると、余計な費用もかかります。特に湿気が多い夏は気をつけましょう!

 

①1日に2回は窓を開けて換気をする。
②湿気がひどい時は換気扇も回しておく。
③押入れやクローゼットは日に何度か開けておく。
④ 除湿機や除湿グッツをうまく利用する。
⑤押入れにはすのこや除湿シートを敷く。
⑥傘の水気はよく飛ばしてから玄関にいれる。
⑦濡れた靴のままシューズBOXに入れない。
⑧棚を壁にピッタリくっつけない。
⑨畳の上からカーペットをひかない。
⑩布団を敷いたままにしない。
⑪フローリングはマメに掃除をして埃をためない。
⑫お風呂のお湯を溜めたままにしない。
⑬浴室は必ず窓を開け換気をする。
⑭洗濯物を室内干しする時は扇風機を回す。
⑮台所の棚も拭き掃除をして開けておく。

 

カビやダニが舞っている部屋では健康的にも良くありませんから、上記以外にもそれぞれの生活習慣やお部屋に合わせて工夫してみてください。 暑い夏をサワヤカに乗り切りましょう!

騒音トラブルがないようにしましょう

090215.png アパートなどの共同住宅では、ある程度の生活音がするのはしかたがありません。しかし、テレビや音楽の音量が大きい、飲み会で声が大きいなど、周囲の迷惑になる場合がありますので注意してください。とくに、深夜の入浴、洗濯、掃除はさけて頂きますようお願いいたします。日頃からドアの開閉を静かにするなど、お互いに快適な生活ができるように気遣いをしていきましょう。

火災を起こさないために

アパートなど、たくさんの方が集まって暮らしている建物で火災が起きたら本当に大変なことになります。

入居されている方お一人お一人が、火災を起こさないように気を付けていきましょう!

主な火災の原因は、①放火、②コンロ、③タバコです。
それぞれどんなことに気を付けるべきか、一度確認してみてください。

20131023.png

① 放火

火災の原因で最も多いのが放火です。放火をされない状態にすることが大切です。

・郵便物や新聞をポストに溜めない。
・家の周りに燃えやすいものを置かない。
・ゴミやダンボールなどを外に出さない。

② コンロ

調理をしている時の出火も火災の大きな原因です。

・調理中は火のそばから離れない。
・鍋などのカセットコンロ、ガスボンベの取扱いに注意をする。
・調理場に燃えやすいものを置かない。

③ タバコ

消えていると思った...というのが1番危険です。

・火のついたタバコを灰皿に放置しない。
・寝タバコ、歩きタバコをしない。
・吸い殻はそのままゴミにせず、必ず水につけてから捨てる。

その他、コンセントにほこりが溜まっていたために出火するケースもあります。とくに冬は乾燥して火災が起こりやすい状態ですから、いつも以上に気をつけてみてください。

ゴミの捨て方について

100128.jpg

仙台市民のマナーとして正しいゴミの出し方を覚えてください。
ゴミは決められた集積所に決められた方法で出しましょう!


①家庭ごみ
(週2回:緑の指定袋を使用)

例:生ごみ、紙おむつ、カサ、せともの、割れ物など
※燃やせる・燃やせないという区別ではありません。


②プラスチック製容器包装
(週1回:赤の指定袋を使用)

例:プラスチック製の容器や包装で、「プラマーク」がついているもの※プラスチックなら何でもOKというわけではありません。


③缶・ビン・ペットボトル・廃乾電池
(週1回:黄色い回収箱)

例:食べ物や飲み物が入っているような容器、鍋などの金属製品も可
※缶はつぶさず、ペットボトルはフタを外しラベルもはがしてつぶして下さい。


④紙類
(月2回:ひもで十文字に束ねる)

例:新聞、ダンボール、雑誌など


⑤粗大ごみ
(受付センターに電話して有料で収集してもらう)

例:おおむね30センチを超えるもの

詳しくは「ワケルネット」を見てみましょう!

電気に関して

お引っ越しが決まったら、お申し込みをお願いします。
 
【お電話の際にお聞きすること】
 
(1)住所・氏名
(2)電気のご使用開始希望日
(3)電気料金のお支払方法
 
★マンション・アパート等へのご入居の場合は、
備えつけの「電気使用申込届出書(ハガキ)」でもお申し込み頂けます。
 
【ご連絡先】
0120-175-266(東北電力コールセンター)
 
月~金 9:00~18:00
土        9:00~17:00 
 
※祝日・年末年始除く
 
【インターネットから申込できます】

ガスに関して

お引っ越しの5日前までに申し込みをお願いします。

 

【お電話の際にお聞きすること】

(1) 住所・氏名

(2) 建物の形態・・・アパート、マンション等

(3) 連絡の取れる電話番号(携帯など)

(4) ご使用開始希望日・・・土日祝も可、年末年始は除く

(5) 訪問時間・・・午前or午後

 

【当日の訪問と開栓作業について】

・当日はガス局の委託を受けた係員がお宅に訪問し、作業を行います。

・出張費はかかりません。

・室内で点検等を行うため、「立会い」をお願いします。
(代理人も可)

・作業時間は15分~20分程度です。
※状況により前後

 

【ご連絡先】

TEL:080-0800-8978(仙台市ガス局引越し専用)

受付時間:平日8:00~19:00/土曜日8:30~17:00

 

【インターネットから申込ができます】

URL: http://www.gas.city.sendai.jp/

水道に関して

お引っ越しが決まったら5日前までにお電話下さい。

【お電話の際にお聞きすること】
(1)お客様番号(「領収書」「ご使用水量等のお知らせ」)   に書いてあります。
(2)住所・氏名
(3)引っ越し月日(最後に使用する日)
(4)引っ越し先の住所・電話番号

【使い始める時】
(1)住所・氏名
(2)使い始める日
(3)電話番号
※水道局が配布したハガキ「水道使用開始申込書」でも、お申し込みいただけます。

水道局コールセンターは3月は日曜日・祝日(8:30〜17:00)もご利用いただけます。
※お引っ越し当日の立ち会いは必要ございません。

【ご連絡先】
TEL:022-748-1111
受付時間:月曜日〜金曜日 8:30〜19:00/
土曜日 8:30〜17:00
(祝日・年末年始を除きます)

【インターネット及びファックスでも手続きが出来ます】
・インターネット http://www.suidou.city.sendai.jp/
・ファックス 022-249-2230
(ホームページから申請書をダウンロードしてからお使いください。)

食事&家具付、東北福祉大学委託学生寮グリーンハイツ国見

エンジョイ!キャンパスライフ 東北福祉大学周辺情報マップ

物件相談窓口空き状況はこちら

共立メンテナンス学生会館はこちら

東北福祉大学

お部屋探しはこちら-東北福祉大学生にお勧めのアパート賃貸物件情報は大学構内、学生サポートセンターで!